あの作品がKindleで無料!?青空文庫とは

book
スポンサーリンク

おはこんばんにちは、ゆきんこです!!


突然ですがみなさん、読書はお好きですか??


ちなみに私は小学生のころから大好きです!(聞いてない)


毎週図書館に行って、20冊借りて2週間で読み切ってました。(だから聞いてないって)


でも、高校生とか大学生、大人になるにつれて読まなくなりますよね…意外と高いし…


洋服や、コスメ、カメラなど買いたくなるものたくさんで後回しになる人、多くないですか?



さて、みなさん、日本の文学、ちゃんと読んだことありますか?


芥川龍之介や、谷崎潤一郎、森鴎外、司馬遼太郎、坂口安吾などなど誰もが名前を知る文豪たちの作品。


私はフランスに留学して、フランス人でも読んだことがある人がたくさんいるのに、


知らないのは恥ずかしいと思いチャレンジしています!


いまは、カバーに一目ぼれをして谷崎潤一郎の「細雪(ささめゆき)」を読み進めております。


でもたくさん読もうと思ったらどうしてもお金がかかります。

無料で本が読めたらいいのに…

 

 

気にはなるけど、買うか迷うなあ

今回はそんなみなさんに朗報です!


なんとAmazonには、Kindleで無料で読める文豪たちの作品がたっっっっっっくさんあるのです!


その名も 青空文庫


今回は、その無料の作品の「青空文庫」と、数作品についてお話ししたいと思います。


では、いってみようっ!!

スポンサーリンク

青空文庫とは

さて、あまり聞き覚えのない「青空文庫」

Kindleストア 青空文庫)

 

青空文庫とは、
著作権の消滅した作品や、「自由に読んでもらっても構わない」という作品を集めて、ネット上で図書館のようにして書籍を集めよう!という活動のこと、です。


ざっくりいうなれば、ひと昔前の本を電子書籍化して、無料で公開しているサービス、です。


電子書籍化にあたっての作業は、ボランティアがの方が行う、もしくは寄付金をもとに業者へ校正を依頼したりしているそうです。



なんせ無料で文豪たちの作品が読めるので、私も貧乏留学生活の折はたっくさんお世話になりました。


Amazonで検索をかけると10,000件以上がヒットします。


ゲーテ、フランツ・カフカ、ドストエフスキーなど海外の作家の著者も取り揃えているのだから、驚きです!

変身 | フランツ カフカ, 原田 義人 | ドイツの小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonでフランツ カフカ, 原田 義人の変身。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
Amazon.co.jp: カラマゾフの兄弟 01 上 eBook: フィヨードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー, 中山 省三郎: Kindleストア
Amazon.co.jp: カラマゾフの兄弟 01 上 eBook: フィヨードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー, 中山 省三郎: Kindleストア

ゆきんこおすすめ文庫

森鴎外 「舞姫」

まずはこの作品。私の思い出深い作品です。


高校の現代文の授業で読んだのがきっかけ。


ベルリンに行く機会があり、舞姫の中で登場したブランデンブルク門などを巡ることができたのも、よりこの作品に親近感を持つゆえんかな、と。

 

舞台はドイツ、ベルリン。 太田豊太郎は医学を学ぶため、政府に選ばれベルリンに留学します。

 

彼にはすべてが新しく、輝いて見え、次第にヨーロッパに感化されていきます。

 

政府の言いなりになることに違和感を覚えるように。

美しく、貧しい踊り子のエリスと出会います。彼女こそが「舞姫」なのです。

 

国際恋愛など受け入れない当時の日本。同僚に現地の女性と関係を持っていると告げ口され留学の身分を失う豊太郎。助けてくれたのはやはりエリス。

友人のが仕事を紹介してくれ、なんとか稼ぎを得られるようになるも、、、

 

学問、祖国とヨーロッパという自由な風土、そして愛する人との間で揺れる豊太郎。

 



簡単にこんな感じです。


文体は古く、古文のような感覚でしたがそれもまたこの作品の味わいかと。


青空文庫では古い文体ですが、この自粛期間に読んでみるのもいかがでしょうか?


現代語訳版もありますので載せておきますね。

舞姫 | 森 鴎外 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで森 鴎外の舞姫。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
現代語訳 舞姫 (ちくま文庫) | 森 鴎外, 一穎, 山崎, 靖, 井上 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで森 鴎外, 一穎, 山崎, 靖, 井上の現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。森 鴎外, 一穎, 山崎, 靖, 井上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

坂口安吾 堕落論

坂口安吾、名前は聞いたことあるでしょうか。


4日間寝ずに書き続ける、という逸話のある人物です。


堕落論は彼の代表作です。


第二次世界大戦後、間もない時期に出版され、当時の日本に衝撃の作品でした。


人間の本性は堕落であるということを、武士道、特攻隊、天皇などその時代を形作ったものを例にとり、論じていきます。


日本は戦争に敗れ、かつての特攻隊の勇士の生き残りは闇市で稼ぐことで転落する。

健気に夫を見送り、位牌の前で独り亡き夫を想いながら生きていくものとされていた戦争未亡人の女も、やがては他の男に恋をするようになる。

人間には一般的に「美しいものを美しいままで終わらせたい」という心情がある。長く生きて堕落するくらいなら美しいまま命を終わらせることに同情が寄せられた。

 

著者は空襲時の人々は美しかったと回想する。戦中の東京は泥棒もなく、嘘のような理想郷で、ただ虚しい美しさが咲きあふれていた。しかし、それは人間の真の美しさではなかった。

考える必要がなく、人間の心がなかったからだ。ただ無邪気に戦争と遊び戯れていたのだ、と。

 

終戦後、日本国民はあらゆる自由を許されたが、同時に自分の不自由さに気付くようになった。生き残った人々は次々と堕落していく。だがしかし、人間は永遠に堕ちぬくこともできないのだ。人間は弱いが、落ちぬくことができるほど苦難に対して鋼鉄のように強くはない。

 

それでも、戦後の人々が救われるためには、生きて、墜ちていくことが必要なのだ。人と同じように、日本もまた墜ちることが必要である。そして堕ちきることによって、自分自身を発見して救われなければならない。

 

戦後に新たな価値観を生むために、このように提言した。

貼り付け元  <https://ddnavi.com/serial/457131/a/>



戦後日本について示唆していますが、この現代社会においても「人間の堕落」について一度考えさせられる作品となっています。

Amazon.co.jp: 堕落論 eBook: 坂口 安吾: Kindleストア
Amazon.co.jp: 堕落論 eBook: 坂口 安吾: Kindleストア

福沢諭吉 学問のすすめ


著名な作品ですね。この本の名前を聞いたことのない人はいないのでは?


「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」


この冒頭部分は大変有名です。



学問のすすめ、と福沢諭吉はタイトルにしているが、


この本を構成する全17章は「日本を近代国家にし、国民を市民として教育する」ことが本来の目的かと思いました。



もちろん学問も本書の重要なテーマの1つです。

福沢諭吉は「実学」を学問だといいます。


それは商人が得るべき知識や知恵。ビジネスです、今風に言えば。


今、たくさんのお金の運用とか、貯金をしなさいだのなんだの言う本がごまんとありますが、もうこれ。


「学問のすすめ」に書いてあります。これも立派な実用書。



1つ違うのは、ノウハウを伝える本ではないこと。


彼自身の考える近代化への思想、実学を学ぶ必要性をとき、あとは自分で学べっていう放任主義です。



良くも悪くもその人次第。



明治維新という時代の中で、文明開化を主張していた福沢諭吉は日本の、日本人の思想に大きく訴えかけました。


今の日本にも通ずるところはあるのでは?一読の価値ありです。

https://amzn.to/3bqM8si

Amazon.co.jp: 学問のすすめ 自分の道を自分で切りひらくために (PHP文庫) eBook: 福沢 諭吉, 岬 龍一郎: Kindleストア
Amazon.co.jp: 学問のすすめ 自分の道を自分で切りひらくために (PHP文庫) eBook: 福沢 諭吉, 岬 龍一郎: Kindleストア

銀河鉄道の夜 宮沢賢治


最後はこちらで行きましょう。


誰もがご存知でしょう、「銀河鉄道の夜」


イーハトーブ岩手出身、宮沢賢治の代表作ですね。


あ。メーテル~~の方ではないですよ??

 

主人公はジョバンニ。病気の母を看病しつつ、活版印刷所でアルバイトをしています。

父は漁に行ったきり帰ってこない。

孤独な彼を級友は笑いますが、カムパネルラだけは親友でした。

 

ジョバンニが「星祭」の夜、みんなが祭りに向かう中、母のために牛乳を求め歩いていると級友に遭遇。 いじめっ子ザネリがからかいます。カムパネルラも居合わせましたが、気の毒そうにうつむいています。

ジョバンニは耐えきれず街の外れへ。丘の上でひとり夜空を見上げていると「銀河ステーション、銀河ステーション、、、」と聞こえたと思うと、気づけば彼は銀河鉄道に乗っていた。

数人の乗客に出会い、サウザンクロス(南十字星)でカムパネルラと二人きりに。

 

2人は「本当のみんなの幸せのために歩もう」と誓ったが、、、、

 



実はあまりハッピーエンドではないこの作品。

もやっと何かが心に残る最後です。
でもその、考える余地を与えるふわっとした終わり方、これも本を読む楽しみだと思うのです。

描写も美しく、子供でも読めるくらい読みやすい作品なので、読んでみてはいかがでしょうか?

銀河鉄道の夜 | 宮沢 賢治 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで宮沢 賢治の銀河鉄道の夜。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

あとがき

 

いかがでしたでしょうか?


こんな有名な作品たちが、無料なんですよ、奥さん!!


あらいやだ、テレビショッピングみたいね。


茶番は置いといて、本当に素晴らしいです。青空文庫。


誰もが題名を聞いたことのある作品が盛りだくさんです。


文豪たちの作品が、こんなにも皆さんの目に留まる日を待っています。


通勤、通学時間、コロナの自粛で暇なとき、少しだけ読んでみると案外ハマってしまうかもしれませんよ?


気になりましたら、ぜひご覧くださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました