知らないと損!海外旅行でタクシーならUber!!

Trip
スポンサーリンク

 

おはこんばんにちは、ゆきんこです!

 

Uberってサービス、耳にしたことある方多いのではないでしょうか。

 

日本ではUber Eats(ウーバーイーツ)の方が有名かもしれませんね。

私も海外に来るまで名前しか知りませんでした。

 

オランダへ旅行した際に利用したのですが、とても簡単で、便利なサービスでした。

 

海外に行くとき

 

 

・タクシーはぼったくりって聞く…

・プラカードもって客引きしている人こわい…

・英語や現地の言葉で目的地を伝えて、たどり着けるか不安…

 

 

こんな悩みをお持ちの方、必見です!!!

 

今回は、Uberの登録方法から使い方まですべてご説明します!

 

 

では、いってみようっ!

 

 

スポンサーリンク

Uberとは

 

Uber (ウーバー)はスマホから簡単にできる配車サービスアプリです。

 

タクシーと同じで目的地まで送迎してくれるサービスです。

 

 

Uber

Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

タクシーと異なる点は運転手が一般人であること。

 

日本ではタクシーがちゃんとしているのでまだあまり普及していないですが、世界500以上の都市に普及しているサービスです。

 

海外旅行に行かれる際はインストールしておくのがおすすめです。

 

Uberが使える国と都市

 

(一部紹介)

 

アメリカ

サンフランシスコ、カリフォルニア、トロント、シアトル、ニューヨーク、フロリダ、ラスベガス、ロサンゼルス、ボストン…

 

ヨーロッパ

ロンドン、パリ、ミラノ、アムステルダム、リスボン…

 

東南アジア

香港、台北、ソウル、マカオ、東京

 

その他

ドバイ、リヤド、ドーハ、シドニー、メルボルン、ブリスベン

≫≫Uberの使える都市を検索≪≪

 

料金は??

気になるお値段!!

タクシーとほぼ同じで距離、時間、そしてエリア配車手数料で値段が決まります。

 

乗車を決める前に、アプリで目的地を入力後、¥○○~¥○○という風に見積もりを見ることができます!

 

タクシーのように、渋滞などに巻き込まれてもあらかじめ値段が決まっているので、最終的な金額におびえてメーターとにらめっこする必要はありません!!

 

 

 

 

 

インストールするとGoogle mapにもタクシーの欄にUberの値段も表示されるので公共交通機関などと迷っている場合は比較ができるので便利です!!

 

 

評価制度

タクシーとも公共交通機関とも違うUber特有なのがこの評価制度

 

一般の人がドライバーとして登録しており、人件費の削減が可能となっている分、ユーザーも安くサービスを利用することができるのでしょうか。

 

ドライバーが一般人なだけに不安になる要素もありますよね。

 

ナンパされないか、チップを要求されないか、変な所へ連れ去られたりしないか…

 

ですがその点は心配いりません。

 

Uberには相互に評価する制度があり、ドライバーも利用者も評価の低い人は避けてサービスを利用できます。

 

お互いに誠実な態度が求められます。

 

利用者は、評価が低いと乗せてもらえない、目的地にたどり着けない。

 

ドライバーは評価が低いと乗ってもらえないので、身なり、車内をきれいにしておく。

 

 

この評価制度のおかげか、私も乗ったときは快適に利用できました。

 

 

使い方

 

 

必要なもの

 

メアド、電話番号、クレジットカード

 

 

これだけです!!

 

アカウント作成

メールアドレスと電話番号かSNSのアカウントでも登録可能です。

 

指示に従うだけでとても簡単なので、作成してみてください。

 

電話番号で登録する際、海外のSIM フリーを使う方はご注意を!!
海外のSIMは使いまわしのことが多く、登録できない!!なんてことがよくあるので登録は日本でしていった方がいいかと思います!!

 

利用方法

行き先の設定

アプリで目的地の名前もしくは住所を入力します。

 

するとこのような画面が出てきます。

 

車種の選択

行先を選択すると、上の画像のように、近くにいる車がアイコンになって表示され、車種も表示されます。

 

 

Uber Xは、1番スタンダードで1-4人

4人で全員スーツケース等大きなカバンを持っていると乗れない可能性もあるのでご注意を。

 

Uber XLは大型車で1-6人

荷物が多いときはこちらの方がいいかも

 

Blackは1-6人

大型高級車で高評価ドライバーの手配です

 

アメリカなどではUber poolという1-2人相乗りの車種もあるようです。

 

 

 

車種を選択し、確認を押すと近くのドライバーとつながります。

料金を確認し、問題がないようであれば手続きは完了し、ドライバーが迎えに来てくれます。

 

車の確認&乗車

 

GPS機能でドライバーがどこにいるか、何分で到着するか表示されます。

 

アプリには、ドライバーの名前、写真、車種、車のナンバーが表示されます。

 

つきました。と連絡が来たらその情報をもとに探してみてください。

 

大体の人は車から降りてきょろきょろしてくれるのでわかりやすいですが

 

○○さんですか? Are you ○○??

 

と声をかけて確認してみてください!!

 

ナンバーと車種があっていれば基本大丈夫ですが、念のため確認してください。

 

あとはもう乗るだけです!

心配な方はGooglemapで見ててもいいですが、基本きちんと最短ルートで安全に送ってくれます。

 

海外の方は話しかけてきたり、わりとスピード出す方もいますが、「現地語がわからないんです」とか何とかいえば何とかなります。

 

 

到着&評価

 

到着して少しすると、最終的に支払いがされます。

 

ドライバーに関して、評価ができます。

ドライバーも乗客を評価できます。

チップを渡すかどうかの判断もできます。

 

渡さなくても平気なので、渡さないときは完了ボタンを押してください。

 

 

メリット

 

 

ぼったくりなし

キャッシュレス

言語わからなくても大丈夫

評価機能があるからサービス良し

空港周辺は交通機関の値段が高い地域が多い

 

 

冒頭でも言ったように、海外のタクシーには悪いうわさがたくさん。。

 

でもUberならぼったくりはありません

料金はカードで支払われるので現金をそんなに多く持っていなかったりしても大丈夫です。

 

また、目的地がわかったうえでドライバーが来てくれるので英語や現地の言葉で伝える自信がなくても心配いりません

 

先ほども言ったように、評価機能のおかげでサービスは良いので誘拐やナンパなどの心配はいりません。

 

また、私の経験上、ヨーロッパですが、空港からの移動は特にUberがおすすめです。

 

なぜなら、空港周辺の電車やバスは市内に比べて割高であったり、特殊な交通機関を使うことが多いです。

 

アムステルダムでは、スキポール空港から中心地へ行くのに1時間のチケットで6.5ユーロも取られてしまいました…トホホ…

 

Uberを使うと交通機関より安い!なんてこともあるのでぜひ活用してみてください。

 

 

Uber

Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

最後に

Uber本当に簡単で便利です!!

 

タクシー捕まえるよりも確実に利用できるので慣れない土地で右往左往するより落ち着いて行動できるように思います!

 

アプリで行先を指定してボタンをポチポチしてしまえば、ぼったくりからも遠ざかることができます!

 

海外旅行ではUberをインストールされることをおすすめします!

 

では、Salut~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました